地域共助サービス「たまコネ」

tamaconne2

たまコネとは

「たまコネ」はシャープクラウドラボが開発した人材マッチングシステム第一弾です。
クラウド型データベースと利用者向けのスマートフォンアプリ、運用者向けのツールを含めたシステムで構成されます。
“自分のできること、やりたいこと(スキル)が、周りの人の役に立つ”ことを目指した、今までにない地域共助サービスとして、横浜市で地域活性に取り組む合同会社たまプラ・コネクト様(「たまプラ・コネクト」様ページへ移動)との協創から生まれました。
2016年2月にはたまプラ・コネクト様によるトライアル(実証実験)が開始しました。

システム概略

背景と狙い

地元の人材を活用しようということは多くの地域で抱える共通の課題である中、スキルを持っているが使う機会がない。持っている人がいることが気づかれずにいるという状況があります。そのような人たちのスキルを発掘し、活かせる環境が求められています。
また、自分の趣味や学びたいことや知りたいことに関する交流や活動の機会求めている人が数多くおり、それらの人をマッチングし、自分らしく活動できるコミュニティを作りだします。

たまコネの特徴

1 できること、やりたいことをマッチング

「こんなことで困っている」ことに対して「やってあげる」というニーズ起点のサービスではなく、例えば、「編み物が得意なので、あなたのバッグや帽子編みます」「押入れにしまい込んでいるギターの弦を張り替えて1曲演奏をします」といった、できること、やりたいこと(スキル)を提供することを起点としています。

2 特定多数の参加者

ネットで完結する、どこでもできるスキルを提供するのではなく、地域に住んでいる人たちが、実際に会って提供します。参加者は不特定多数ではなく特定多数なので安心して利用できます。

3 デジタル+アナログ

スキルを実際に会って提供するだけでなく、依頼は運営者に電話するなど、スマートフォンやPCを使えない人でも利用できます。また、リアルな場所を使った参加者のサポートなど、デジタルでのマッチングだけでなく、アナログの要素を残しています。

提供者用スマートフォンアプリでできること

スキル提供者はスマートフォンを利用して自分のスキルの登録やマッチングした案件の管理ができます。このデータは運営者と共有され、円滑にマッチングされます。
[機能一覧]
  • スキルの登録、修正、管理
  • マッチングする/した案件の確認、リマインド
  • 依頼者への連絡
  • 運営者への連絡

運営者用マッチングツールでできること

運営者はwebツールを使って依頼者と提供者をマッチングし、それら案件の状況を確認・管理できます。また、参加者の登録もここから行います。
[機能一覧]
  • スキルの確認、管理
  • 依頼者からの要望に対するスキルのマッチング
  • マッチングする/した案件の状態確認、管理
  • 依頼者、提供者の登録、確認、管理
  • アンケートの作成、集計

トライアル概要

2016年2月よりたまプラ・コネクト様により、たまプラーザ(横浜市青葉区美しが丘)周辺に住む方々を対象とした本サービスのトライアルが実施されております。

(参加者の声)
・Hさん(52才/主婦)
「主婦の私が当たり前にやってきたことだからこそ、それを求めてくれて自信が持てそう。」
(『子どもたちのために作っているお弁当をあと2つくらい作られるので、おすそ分けします』というスキルを提供。)

お問い合わせ

ご興味を持たれた方は内容により、それぞれ下記のフォームからお問い合わせください。
  • 協業パートナーをご検討の方はこちらから。ご提案等やご質問を担当者に繋ぎます。
  • 上記のほか、本サービスへのご質問・ご要望、SHARP Cloud Labsへのお問い合わせはこちらから。

たまコネ関連イベント

  • 2016/2/21 第2回サイレントオークション開催(スキルを発掘するイベントです)
  • 2016/1/25 ニュースリリース(「たまプラ・コネクト」様発行)
  • 2016/1/17 第1回サイレントオークション開催(スキルを発掘するイベントです)

このページの先頭へ